千代田線路線図


千代田線路線図
クリックして路線図を見る

千代田線はもとは帝都高速度交通営団によってつくられた 東京の足立区の綾瀬駅と渋谷区の代々木上原駅をつなぐ地下鉄です。北綾瀬駅も千代田線に含まれてはいるものの、綾瀬駅からの支線によりのみアクセスが可能となっています。


東京メトロは千代田線の路線記号をCと定めており、ラインカラーは緑です。千代田線路線図は C-01と表示されている代々木上原駅からC-20と表示されている北綾瀬駅までが含まれています。

千代田線は北にてJR常磐線、さらに南では小田急小田原線とつながります。多くの乗客は東京の郊外から常磐線あるいは小田急小田原線に乗り、千代田線に乗り換えてそのまま東京の中心部までやってきます。停車駅には日本の官僚地区とも言える霞ヶ関やビジネスの中心街として知られる大手町があります。

1960年代初頭、東京の南西部と北東部をつなぐ地下鉄を建設する案が出され、1964年にこの新しい 線路が日本国有鉄道(現JR )の常磐線と小田急小田原線につながることが決定したのです。

工事は1966年に始まり、まずは北千住と大手町のエリアが完成し、1969年には開通。当時この線に 使われる予定だった新たな6000型モデルがまだテスト段階だったため、結果的には5000型モデルが 使用され、新6000型シリーズは二年後に日の目を見ることとなりました。北東部は1971年に完成して常磐線と無事につながったものの、南西部の完成と小田原線との接続は1978年までかかりました。

1979年に開通した支線は停車駅が二つしかなく、元は業務専用の線で綾瀬の車両基地と主線をつなぐためにのみ使用されていました。

2008年には小田急小田原線と北千住駅との間に特急ロマンスカーが運転を開始。これは史上初の全車指定席の地下鉄でもありました。現在はメトロはこね、メトロさがみ、そしてメトロホームウェイの三種の車両が走っています。

常磐線からのJR線は小田急小田原線へとは続きません。逆に小田急小田原線もまた常磐線へとは続きません。両社は現在、互いの規制に応じるべく車両を改造しており今後数年以内に運転可能となる予定です。

東京メトロ千代田線の主な駅

北千住駅

北千住駅は千代田線路線図上での終点ではなく、むしろかなり混雑している駅です。この駅はJR の常磐線と千代田線がつながる場所なのです。東京の北西に位置する足立区にあり、東京の郊外からやってくる人達にとって重要な駅でもあります。

この駅では東京メトロ日比谷線、JR 常磐線、東武伊勢崎線、そしてつくばエクスプレスへの乗り換えが出来ます。

明治神宮前(原宿)駅

東京内のお洒落な原宿区に位置するこの駅はファッションや現代のポップカルチャーに興味を持つ人なら必ず行きたくなる場所でしょう。この駅は元は明治天皇への敬意を表して建てられた明治神宮前に基づいて名づけられたものでしたが、混乱をさけるために東京メトロがカッコ内に原宿を加えることとなったのです。

ここでは東京メトロ副都心線とJR 山手線への乗換えが可能です。山手線のホームは別に地上にあり、別の改札を通ってでしかいけないことをお忘れなく。